トップ 婦人科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




婦人科口コミナビ月経に関する婦人科疾患 > 月経前不快気分障害(PMDD)

月経前不快気分障害(PMDD)

月経前不快気分障害(PMDD)の画像

月経前不快気分障害(PMDD;premenstrual dysphoric disorder)とは、PMSの中でも精神的症状が特に大きいものであり、PMSの症状が表れている女性のうち約5~8%がこれに該当すると言われています。

症状が表れる時期は、PMSと同じく排卵期~月経開始時期にかけてですが、その内容はかなり深刻で緊急の治療を要するものです。

例えば、PMSでも気分の落ち込みやイライラ、やる気が起きないといった精神的症状は認められますし、それによって引きこもりがちになったり、身近な人と喧嘩をしたり、仕事や家事、勉強がはかどらないなどの支障を生じる事はありますが、大部分の場合は自分の力で、そして家族との話し合いや折り合いの中で、どうにか乗り切っていけます。

しかし、PMDDの場合には、精神症状が著しく、身の回りで様々なトラブルを引き起こしがちになります。

また、一時的に自制心を失った状態になり、突発的に自分で自分を傷つける自傷行為や、自殺しようと試みる自殺企図にまで発展してしまうケースも少なくありません。

PMDDの場合、婦人科での治療と併行して、精神科もしくは心療内科でカウンセリングを受けたり、精神安定剤を処方してもらったりといった処置が必要になります。

PMSやPMDDを積極的に取り扱っている婦人科なら、心療内科や精神科が併設されていたり、カウンセラーが常駐していたりしますので、より一貫した治療を受ける事が出来て安心ですね。

PMDDは、40歳前後の大人の女性に起こり易いと言われていますが「大人の女性」だからこその責任感から、婦人科の受診を躊躇ってしまう方が多いようです。

皆さんに、今一度よく覚えておいて頂きたいのは「PMDDは婦人科の病気である」という事。

状態が深刻化してからの受診は、それだけ治療が困難になります。

これを読んで「あれ?私、もしかして」と思う所のある方は、気軽に婦人科のドアを叩いてみて下さい。

PMSSはパートナーである男性の理解も重要になりますので、ご夫婦もしくはカップルでの来院をお勧めします。


スポンサードリンク

婦人科口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 無月経

無月経とは、性的に正常な成熟を遂げている女性であり、なおかつ妊娠していないのにも関わらず月経が来ない状態の事です。 原発性無月経と続発性無月経という2つのタイプがあり、前者は18歳以上であるのに初経そのものをまだ経験していない場合、後者は今まで月経があったのに3ヶ月以上月経が止まってしまっている場合を言います。 まず、原発性無月経についてですが、考えられる原因は染色体異常症や卵巣形成障害、子宮や膣の欠損、月経血流出路の異常などです。 これらのうち、染色体異常症や卵巣形成障害

婦人科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。