トップ 婦人科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




婦人科口コミナビ子宮と卵巣の主な疾患 > 子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫の画像

子宮筋腫とは、子宮内にある筋肉細胞が増加・増大する事で発生する良性の腫瘍です。

子宮の内側あるいは外側に出来るコブのようなものであるとイメージすれば、分かり易いかもしれませんね。

女性の20~30%、約4人に1人の割合で発生すると言われており、30代~50代に好発する病気です。

しかし、最近では初経年齢及び性交渉年齢の若年化から、20代の女性でも子宮筋腫が見つかる事が増えてきました。

「自分はまだ大丈夫」と思わず、若いうちからしっかりと正しい知識を身に付けておきましょう。

子宮筋腫が発生する原因としては、子宮内にある筋肉細胞が女性ホルモンであるエストラジオールに対して過敏に反応を示している事、あるいはエストラジオールが過剰に分泌されている事が挙げられ、患者さんによっては両方の性質を併せ持っているケースもあります。

いずれの場合にしても、閉経すればエストラジオールの分泌が止まるため、子宮筋腫も縮小し、やがて消失していきます。

なお、子宮筋腫は発生部位によって「漿膜下筋腫」「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」「頸部筋腫」といった種類に分類されます。

「漿膜下筋腫」とは、子宮の外側に出来る筋腫の事です。

基本的には無症状ですが、あまりにも巨大化した場合には激しい腹痛が起こる事があり、この場合には緊急手術を要します。

次の「筋層内筋腫」とは、子宮の筋層内に出来る筋腫の事です。

筋腫が3cm以下の場合には無症状ですが、大きくなるにつれて月経血の増量や月経日数の延長が起こり、貧血を招きます。

3つ目の「粘膜下筋腫」とは、子宮粘膜を下から筋腫が持ち上げているような状態です。

月経血の増量や月経日数の延長、月経痛、貧血など、月経に関する様々な症状を伴います。

最後の「頸部筋腫」とは、子宮頸部に発生するコブのような形状の筋腫です。

月経血の出口である頸管が狭くなるため、月経痛が引き起こされる事がある他、前方に突出すると膀胱が押され、頻尿になります。


スポンサードリンク

婦人科口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 月経前不快気分障害(PMDD)

月経前不快気分障害(PMDD;premenstrual dysphoric disorder)とは、PMSの中でも精神的症状が特に大きいものであり、PMSの症状が表れている女性のうち約5~8%がこれに該当すると言われています。 症状が表れる時期は、PMSと同じく排卵期~月経開始時期にかけてですが、その内容はかなり深刻で緊急の治療を要するものです。 例えば、PMSでも気分の落ち込みやイライラ、やる気が起きないといった精神的症状は認められますし、それによって引きこもりがちになっ

婦人科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。