トップ 婦人科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




婦人科口コミナビその他の婦人科疾患 > 卵巣がん

卵巣がん

卵巣がんの画像

卵巣に出来る腫瘍の8割以上は良性腫瘍です。

しかし、稀に悪性卵巣腫瘍が発生する事があり、そのうちの1つが卵巣がんと呼ばれます。

卵巣がんは、卵巣の表面を包んでいる上皮、あるいはその直下にある結合組織ががん化するもので、表層上皮間質性悪性腫瘍とも呼ばれています。

卵巣がんの発生は、遺伝と大きく関係しており、乳がんと同様に「家族性腫瘍」としてしばしば話題になる事があります。

その他、多嚢性卵巣や子宮内膜症、骨盤内炎症性疾患といった病気、出産未経験、排卵誘発剤、ホルモン補充療法、肥満、偏った食生活なども卵巣がんを罹患するリスクを高める事が分かっています。

なお、経口避妊薬の服用や3回以上の出産は、卵巣がんに罹患するリスクを下げる効果が認められています。

一口に卵巣がんと言っても、転移しにくいものと転移しやすいものがありますが、いずれにしても初期の段階ではほとんど自覚症状が見られないのが特徴です。

転移し易い卵巣がんは転移スピードが早く、卵巣内の腫瘍がまださほど大きくなっていない段階で転移を始めます。

そのため、腹水でお腹が膨れ上がったり、胸水の蓄積によって息切れがしたりといった転移による症状で初めて病院を受診するケースも多いのが現状です。

一方、転移しにくい卵巣がんについては、手で触れて分かる程度にまで腫瘍が大きくなってから婦人科を受診するケースがほとんどです。

しかし、ごく稀に、婦人科の検診を受けた際に偶然まだ小さい状態の卵巣がんが見つかったというケースもありますから、やはり定期的に婦人科検診を受ける事が何よりも重要であると言えるでしょう。

卵巣がんの治療は、外科的手術に化学療法あるいは放射線療法を組み合わせて行なわれます。

最近は放射線療法よりも化学療法が主流になっており、内服や静脈注射(点滴)によるものの他、腹腔内に直接薬を注入する方法もあります。

卵巣がんは、更年期前後の女性に罹患し易い病気と考えられていましたが、最近は20代の若い女性の罹患率も高くなってきました。

他人事と思わず、卵巣がんに対する正しい知識を身に付けましょう。


スポンサードリンク

婦人科口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 婦人科ってどんな所?

婦人科とは、子宮や卵巣を始め、膣、卵管など女性器に関する病気を取り扱うお医者さんであり、これには性病も含まれる他、月経やおりものに関する事や更年期障害、不妊といった女性ならではの問題も診療の対象となります。 それ以外にも、婦人科では妊娠の診断や、妊娠のごく初期における経過観察も行なっていますが、妊娠3ヶ月頃(母子手帳が交付される時期)以降の健診については「産科」の対象となります。 妊婦さんでこれまで婦人科で診察を受けていた方の場合には、希望する産科に紹介状を書いてもらう事が

婦人科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。