トップ 婦人科口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ


婦人科口コミナビ月経に関する婦人科疾患 > 月経困難症

月経困難症

月経困難症の画像

月経困難症とは、一般的に言う「月経痛(生理痛)」が特にひどい状態であり、日常生活に何らかの影響を及ぼしているものを意味します。

主な症状としては、下腹部痛や腰痛、頭痛、そしてそれらに伴う下痢や吐き気、めまい、発熱などがあり、一般的には1日目から2日目にかけて最も重く、時に仕事や学校を休まなければならない状態に陥る事もあります。

なお、月経困難症は「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」という2つのタイプに分類されます。

1つ目の「器質性月経困難症」については「続発性月経困難症」とも呼ばれており、何らかの器質的な疾患や異常が認められるケースです。

器質的な疾患や異常とは主に子宮に関するものであり、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮の奇形などが挙げられます。

改善するためには器質的な疾患や異常の治療を行なう必要があります。

状況に応じて鎮痛剤や低用量ピル、漢方などの薬物療法、及び手術などの処置が行なわれます。

一方、2つ目の「機能性月経困難症」については「原発性月経困難症」とも呼ばれており、器質的な疾患や異常が特に見当たらないケースです。

機能性月経困難症が起こる原因としては、月経の際に子宮内膜でプロスタグランジンという物質が過剰に生成されてしまう事が考えられます。

プロスタグランジンは子宮収縮に関与するもので、経血を押し出すために必要な物質ですが、これが過剰に作られてしまうと激しい月経痛の原因になるのです。

機能性月経障害の治療法としては鎮痛剤の投与がメインですが、症状が強い場合には低用量ピルが用いられ、月経量の調節が行なわれます。

月経困難症は若い世代に多く見受けられ、年齢を重ねたり出産をしたりする事で徐々に軽減されていくのが特徴です。

「たかが生理痛」と思われがちですが、日常生活に支障を及ぼす程になったら早急に婦人科を受診して下さい。

なお、ティーンエイジャーの場合には婦人科へ行く事自体が躊躇われるので、周りの大人達が敏感に察知し、婦人科の受診を勧めたり付き添ってあげたりする配慮も必要と言えるでしょう。


スポンサードリンク

婦人科口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 婦人科受診当日の注意事項

婦人科を受診する当日には、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。 最初にチェックしておきたいのは「服装」です。 内診を受ける事を考えれば、スカートが便利でしょう。 なぜなら、ジーパンのようなパンツスタイルだと、全て脱いでから内診台に上がらなければならないためです。 同じスカートでも、上に捲り上げにくいタイトなものだとシワになったり、結局脱がなければならなくなったりするので、フレアタイプでシワになっても目立たない素材の物をチョイスされる事をお勧めします。 ストッキングや

婦人科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。